DockerComposeによる複数コンテナの起動

docker Composeとは複数コンテナからなるサービス構築・実行する手順を自動化して
管理を容易にする機能。
構成ファイルを用意し、実行することで関連するコンテナサービスすべてを起動することができる。

●DockerCEインストール
公式サイトを参考にしてインストールを行う。
https://docs.docker.com/install/linux/docker-ce/ubuntu/#install-docker-ce-1

●Docker-composeインストール
公式サイトを参考にしてインストールを行う。
https://docs.docker.com/compose/install/#install-compose

●Docker-composeコマンドの保管を行うcompletionをインストール
公式サイトを参考にしてインストールを行う。
https://docs.docker.com/compose/completion/#bash

docker-composeでwordpressを起動させる。
公式にyamlが存在するので転記する。

wordpressとmariadbのイメージがpullされていることを確認する

コンテナの起動状態を確認する

ホストOSのIPアドレスおよび8000番ポートにアクセスしてwordpressのインストール画面が表示されることを確認する。
http://<ホストOSのIPアドレス>:8000

アクセス増加ため、wordpress_wordpress_1をスケールアウトさせる必要が出てくる場合を想定して
スケールアウトさせてみる。

いったんwordpressコンテナをkillして削除して,docker-compose.ymlからportフォワードの記載を削除する

wordpressコンテナを再作成し、起動していることを確認する。

wordpressコンテナを8台までスケールアウトさせてみる。今度は正常にスケールアウトできた。
どうでもいいけど、これportフォワードできなかったら使い道ないよな。。やりかたあるんかな。。。

wordpressコンテナが8台まで起動したことを確認する

wordpressコンテナを停止するには、以下コマンドを実行すればよい。

一度停止したコンテナはstartオプションで起動することができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です