Dockerを使ったマルチホストのネットワーク通信(weave)

ホストAとホストBにdockerceをインストールしてweaveでマルチポストネットワークを構成する。

ホストAとホストBの情報は以下の通り。

Weaveのインストール及びWeaveコンテナの起動まで行う
●ホストA

weaveのimageが存在することを確認する

weaveのコンテナが存在することを確認する

●ホストBでもweaveをインストールしてホストAを指定してweaveコンテナを起動する

ホストBでも同様にweaveのimageが存在することを確認する

ホストBでも同様にweaveのコンテナが存在することを確認する

ホストA側でDockerイメージをダウンロードする

weaveネットワークではdockerコンテナ同士の通信する場合は、コンテナ起動はdocker runではなくweave runで行うのだが
V2.0からdocker runでどうやら動かすようだ。

ということで一旦docker runでc75n01コンテナを起動して、weave attachコマンドでIP指定の上c75n01を
weaveネットワークに参加させる

ホストB側でも同様にc7502コンテナを起動して、weaveネットワークに参加させる。

ホストB上のc7502コンテナ(10.0.0.2)からホストA上のc7501コンテナ(10.0.0.1)へpingが通るか確認する

ホストOS上からコンテナとネットワーク通信を行うには weave exposeを行うことで疎通を行える様になる。

weaveコンテナ停止と通信状態の確認
まず、ホストB上のweaveコンテナとc75n02の状態を確認する

weaveネットワークに参加したコンテナはweaveコンテナを停止させてもマルチポストネットワークは維持される。
以下の通りホストBで稼働中のc75n02のコンテナからc75n01コンテナへの疎通は停止しないことを確認する。

停止したweaveコンテナを起動する際には、再度ホストAに対してweave launchコマンドを実行する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です