Amazon Simple Email Serviceを使ってみる

まだ東京リージョンにはリリースされていない。
・バージニア
・オレゴン
・アイルランド

とりあえず、バージニアで使用できるようにしてみる

Using SMTP to Send Email with Amazon SESにアクセスする
https://console.aws.amazon.com/ses/home?region=us-east-1#smtp-settings:

●SMTP設定
SMTP認証設定を行う
create My SMTP credentials を押下する

専用のIAMユーザ作成画面となるので、以下のIAMユーザ名として作成する
※このフォームでは、Amazon SES で SMTP 認証用に IAM ユーザーを作成することができます と表示される

IAMユーザ名:ses-smtp-user

認証情報をダウンロードする。
※このタイミングでのみ認証情報をダウンロードできるので忘れないように・・

●Email設定
続いてEmailの設定を行う
https://console.aws.amazon.com/ses/home?region=us-east-1#verified-senders-email:
ここで指定したEmailアドレスは、送信元、送信先アドレスとして使用することができる
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/ses/latest/DeveloperGuide/verify-email-addresses.html

Verify a New発行した Email Addressをクリックして、ポップアップ画面で
Emailアドレスを入力する
例:test@example.com

指定したEmailアドレス宛に以下の件名でメールが来るので、Emailの中のリンクをクリックする
Amazon Web Services – Email Address Verification Request in region US East (N. Virginia)

検証が完了すると画面が遷移して、以下の通り表示される


検証に成功しました
メールアドレスの確認に成功しました。このアドレスからのメール送信を開始できます

EmailAdress画面にて
https://console.aws.amazon.com/ses/home?region=us-east-1#verified-senders-email:
Email Address Identitiesに表示されたEmailのステータスが、「verified」になっていることを確認する。

ses-smtp-userユーザとパスワードを利用して、
aaa@example.comを使用する準備が完了。
今後AWSのメール送信する際はこちらのSMTP設定を利用する予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です