奨学金の返済のお話

大学4年間奨学金を借りていました。
第2種で月10万ずつ借りていたため元金480万
利率0.8くらいだったため、520万円が返還総額となり、月々だいたい
22000円程度の返済となります。(20年です)

私は、2007年に大学を卒業して、その年の10月から返済を開始しました。
返済の明細を見てみると、最初に利子を回収するようなので実は元本はほとんど
返済できていないのです。返済の後半になると元本を回収するよ雨になっているので
奨学金はとっとと繰越返済をしたほうがオトクなのです。。
ただ、社会人になり立ててすぐに繰越返済をガッツリできる人は多くないのではないかなと思います。
新卒一人暮らしだと結構2万2千円はかなり重い固定費となり家計を圧迫します。
なので私は最初ボーナス時期だけ8万くらい繰越返済していました。

2018年12月現在残り96万円となりました。このまま返していくと40歳になってしまいます。
(当初の計画だと47歳とかだったので一応頑張ったつもりです)
途中二年ほど実家に帰っていたり独身だったこともありその時期は毎月8万繰越返済していたのが今思えばよかったのかなと思います。
あと結構気をつけたいのは、奨学金ってまぁあまり裕福ではない家庭だと利用するのは当たり前なのかなと
思っていたのですが、家が比較的裕福な場合奨学金は単なる借金です。
※当時付き合っていた彼女の両親から借金あるやつに娘はやれんw的な昭和なノリの回答を
いただきまして、それまで奨学金って結構当たり前やろ的な感じだったのですが奨学金イコール借金であると
認識した瞬間でした。

現在は幸運なことに結婚して子供も生まれましたが、奨学金は痛い出費(固定費)になっており
妻には申し訳ないな・・と思っている次第です。

今は2万2千円に対して利子が100円程度なので繰り上げ返済するメリットってあんまりないのですが
やっぱり借金って嫌ですよね!ということでとっとと返してしまいましょう。

・繰り上げ返済の方法について
ちなみに繰越返済の方法ですが、昔は郵送・FAXでのみ繰り上げ返済のみに対応していましたが、
現在はスカラネットパーソナルから返済することができます。

https://scholar-ps.sas.jasso.go.jp/mypage/top_open.do

ワンタイムパスワードを使用する2段階認証が設定されていて、ログイン後に
奨学金番号を入力しないと詳細情報が見えないのでセキュリティ的にも問題ありません。
というか一回ログインするごとに奨学金番号入力しないと行けないのは正直面倒なのですが・・・・

なお、繰り上げ返還申し込みの際は、
・当月も含めて何回分くりあげるか(回数)
・当月も含めていくらくりあげるか(金額で何回分返還になるか自動計算)
でこのくらいの回数とか金額で返還したいというアバウトな計算でもOKなので
簡単ですし、毎月FAXで送っていた頃に比べると負担も少ないです。

これから奨学金を返す人は、家族持つとほんまお金枯渇するんで早めにかえしちゃいましょうw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です